採用情報採用情報 教育体制 会社セミナー 社員の声 よくある質問 image
若手・中堅薬剤師の声[2]
患者さまが安全に、安心して治療を続けていけるように
薬局薬剤師としての使命を果たしていきたい
目の前の患者さまのために、薬剤師として何ができるだろう−。この答えは、自らの専門知識をすべて発揮して、患者さまの薬物治療をサポートしていくこと。薬剤師の社会的使命はこの点に尽きると思います。たとえば、抗がん剤は副作用が強いのですが、担当の薬剤師が一人一人に対して注意深く見守っていくことで、患者さまが前向きに、安心して、安全に治療を続けていくことができます。
絶好の環境で成長をめざします
私が勤務する薬局は、大型総合病院の近くにあり、診療科目も豊富ですし、在宅医療の処方箋も月に200枚ほど受けています。また新薬や抗がん剤なども取り扱っており、無菌調剤室での混注業務も日常的に行われています。経験を積むには絶好の環境ですので、自分自身の力を高めていきたいと考えています。
患者さまのフォローアップ体制づくり
社内の担当としては、服用情報をトレーシングレポートにまとめて病院に提出、重篤な症例に関しては、処方医から返信をいただく、といったフォローアップの体制づくりも経験しました。私個人としては「がん治療の領域を極める」という新たな目標を持っており、今後は外来がん治療専門薬剤師の資格を取得し、自分が日々の業務で身に付けた専門知識を、後輩たちに伝えていきたいと思っています。
img