採用情報採用情報 教育体制 会社セミナー 社員の声 よくある質問 image
薬局長の声[3]
地域から信頼される「かかりつけ薬局」をめざして
薬局長になって変わったことは?
主な仕事内容が調剤から薬局の運営・管理になったところでしょうか。これまでに薬局長会議、病院・地域機関との折衝、人員管理、売上管理など、経験したことのない仕事ばかりに携わってきました。人間力が問われる場面も増え、一つとして同じ仕事はないと強く感じています。
下九沢薬局はどんな薬局ですか?
住宅地の中にある比較的小規模な薬局です。患者さまは近隣にお住まいの方が多く、地域のかかりつけ薬局としてスタッフ一同、患者さまのお話に耳を傾けるなど親切丁寧な対応を心がけ、誰でも立ち寄れるアットホームな雰囲気をめざしています。最近は地域機関と連携して近隣の公民館やスーパーで健康講座やお薬相談窓口を開催するなど、新たな取り組みにも挑戦中です。
仕事をする上で、気をつけていることは?
小さい薬局だからこそ、お互いに意見が言いやすいように日々、メンバーへの声掛けを大切にしています。例えば「ちょっと困ってそうだな」と気になったら、ひと声かけていますね。また、メンバーや患者さまとのコミュニケーションスキルのアップをめざして、最近まで産業カウンセラーの養成講座に通っていました。相手の話をよく聞いて、より良いアドバイスができる薬剤師でありたいと思います。
img